C. Besse & J.-C. Dhersin (CNRS), K. Ono, A.Tamagawa and B. Collas.

[Japanese follows English]

A long tradition of mathematical research collaboration between France and Japan, with in particular RIMS as one of the leading centers in Japan, places the National Institute for Mathematical Sciences and their Interactions (INSMI) of the French National Center for Research in Sciences (CNRS) as a major oversea partner in the development of international mathematical research. Both RIMS and CNRS have thus greeted the creation, in January 2024, of the CNRS-RIMS “Arithmetic and Homotopic Galois Theory” International Research Network (AHGT) that regroups 45 researchers in 16 laboratories in France and Japan, with RIMS, Lille University (Laboratoire Paul Painlevé) and ENS PSL (Département de Mathématiques et Applications) as core institutions1.

Within this partnership, the Research Institute for Mathematical Sciences of Kyoto University has welcomed on October 3rd, 2024 the visit of Professor C. Besse (Director of the INSMI CNRS) and Professor J.-S. Dhersin (Scientific Deputy Director of the INSMI CNRS). As RIMS and AHGT representatives, were present Professor K. Ono (RIMS Director), Professor A. Tamagawa (RIMS Professor), and B. Collas (RIMS project researcher - AHGT coordinator).

CNRS INSMI at RIMS - group (L2R: C. Besse, A. Tamagawa, J.-S. Dhersin, K. Ono, B. Collas).

Dynamic and informal exchanges emphasize the many affinities between the French and Japanese culture and their practice of Mathematics. With an international network of 80 institutes around the world (including Tokyo), the CNRS deploys its mission to explore, consolidate, and structure the research in sciences with a global inclusive mindset. Japan stands as a top world country for CNRS visitors, projects, and collaborations; French researchers constitute one of the top 3 of RIMS’ visitors and collaborators.

Participants recognized each other as key partners in leading the development of mathematical sciences. The French CNRS as a central hub of excellency for the advancement and the dissemination of scientific progress at international level; RIMS Kyoto as a distinguished scientific partner for exploring new research frontier, the education of young researchers and a gateway for the dissemination of Japanese mathematical sciences in and outside Japan.

Both parties have expressed their mutual trust and, with the AHGT IRN as a seminal structure for the stimulation of transverse international research2, their strongest support for the development of a long-term vision and the realization of fruitful collaborative programs in Mathematical Sciences.

The English and Japanese texts have been approved by representatives of the French and Japanese delegations.

Links and Related topics


フランス国立科学研究センター(CNRS)の数理科学とその相互作用研究所(INSMI)は、国際的な数学研究の発展における主要な海外パートナーである。RIMSとCNRSはともに、2024年1月にCNRS-RIMS「算術とホモトピック・ガロワ理論」国際研究ネットワーク(AHGT)を設立することを歓迎し、RIMS、リール大学(ポール・パンルヴェ研究室)、ENS PSL(Département de Mathématiques et Applications)を中核機関として、フランスと日本の16の研究室に45名の研究者を集結させた13

このパートナーシップの中で、京都大学数理科学研究所は2024年10月3日、C.Besse教授(INSMI CNRS所長)とJ.-S.Dhersin教授(INSMI CNRS科学副所長)の訪問を歓迎した。Dhersin教授(INSMI CNRS科学副所長)をお迎えしました。RIMSおよびAHGTの代表として、小野紘一RIMS所長、玉川明RIMS教授、B.Collas RIMSプロジェクト研究員(AHGTコーディネーター)が出席した。

ダイナミックで非公式な交流は、フランスと日本の文化や数学の実践の間にある多くの親和性を強調しています。CNRSは、世界80ヶ所(東京を含む)の研究所からなる国際的なネットワークにより、グローバルな視野で科学研究を探求し、統合し、構造化することを使命としています。日本は、CNRSの訪問者、プロジェクト、共同研究において世界のトップであり、フランス人研究者はRIMSの訪問者、共同研究者のトップ3に入る。

参加者は、お互いを数理科学の発展をリードする重要なパートナーとして認識した。フランス国立科学研究センター(CNRS)は、国際レベルでの科学的進歩の推進と普及のための中心的な拠点として、RIMS京都は、新たな研究フロンティアの開拓、若手研究者の教育、国内外への日本の数理科学の普及のためのゲートウェイとしての卓越した科学的パートナーとして。

両者は相互の信頼関係を表明し、AHGT IRNは国際的な横断的研究を促進するための重要な組織であり2、数理科学における長期的なビジョンの策定と実りある共同プログラムの実現に向けた強力な支援を表明した4

リンクと関連トピック

  • 在日CNRSと数理科学研究所、その交流;
  • フランス代表団の訪問(2022年1月26日
  • 日仏AHGTプロジェクト CNRS東京事務所だより

Footnotes

  1. The AHGT IRN is a 5-years+ program; it further relies on the support of 40 partners in 32 international institutes (e.g, Harvard, Max Planck, Upenn), see AHGT website

  2. Within RIMS the AHGT IRN is associated to the International Center of Research in Next-Generation Geometry, an internal structure which regroups arithmetic anabelian geometry (Prof. S. Mochizuki and Prof. A. Tamagawa), algebraic Analysis (Prof. T. Mochizuki and M. Kashiwara), and birational algebraic geometry (Prof. S. Mori). 

  3. AHGT IRNは5年以上のプログラムであり、さらに32の国際研究機関(ハーバード、マックス・プランク、ウペンなど)の40のパートナーの支援に依存している、 AHGTのウェブサイトを参照 

  4. RIMSの中で、AHGT IRNは、算術アナベリアン幾何学(望月教授、玉川教授)、代数解析学(望月教授、柏原教授)、双有理代数幾何学(森教授)を再編成した内部組織である次世代幾何学国際研究センターに関連している。